メシマコブ茶100%〈ティーバッグ〉 3g×30包/袋

「幻のキノコ」がNK細胞を増やし、癌(ガン)を抑制

メシマコブの名前の由来は、長崎県男女群島の女島(めしま)に多く自生するコブ状のキノコというところから来ています。

桑の古木に寄生するキノコですが、近年では桑の木の減少により採取量が少なくなり、とても希少価値の高いキノコとなっています。また、採取だけでなく栽培することも難しいので、「幻のキノコ」とも呼ばれます。

 

~メシマコブ茶のココがすごい!~

・ 含有成分βグルカンは「ガンを治す物質」として注目されている
・ 採取量が少なく、栽培も難しいので「幻のキノコ」と呼ばれる
・ カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心

 

~効能(1) βグルカンがガン細胞増殖を抑える~

メシマコブに含まれるβグルカンは「ガンを治す物質」として世界中の注目を集めています。体が本来持っているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増やし、ガン細胞の増殖を抑えます。 ただし、βグルカンの抗ガン作用には賛否両論あり、専門家の間でもハッキリとした答えは出ていません。副作用も懸念されるため、常飲する際には信頼できる会社のものを選んでください。

 

 

¥3,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日1